京都駅前つれづれ通信

ウオーキングを中心に、日々気付いたことを紹介します。ご意見をお聞かせください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第30回瀬戸内倉敷ツーデーマーチ第1日 瀬戸大橋コース

2017年3月11日(土)快晴 40キロ
場所 岡山県倉敷市
コース 倉敷市役所~粒江小学校~熊野神社~五流尊瀧院~児島市民交流センター~下津井公民館~鷲羽山ビジターセンター~JF岡山漁連ふゅーちゃー

塩業や回船問屋に見る栄華の跡

 しばらくウオーキングを休んでいた。少し前に再開したばかりだ。40キロは自信がなかった。だが倉敷ツーデーの初日は「児島、下津井を巡る瀬戸大橋コース40キロこそ値打ちがある」というのが筆者の考えだ。現在の倉敷市は旧倉敷市、児島市、玉島市の3市が合併して発足した。このコースは旧倉敷から旧児島市の中心部を経てさらに南の下津井半島に足を伸ばす。塩業や回船による中継貿易の拠点として江戸時代から栄えた児島市域は、天領であった旧倉敷とは違った顔を持つ。無理をしてでも40キロにエントリーしたい。

IMG_1850_convert_20170314113026.jpg IMG_1856_convert_20170314113123.jpg
写真①=海産物を販売していた郷内婦人会のみなさん
写真②=承久の変で当地に流された頼仁親王の歌碑

 出発式では日本ウオーキング協会の堀野正勝会長が主催者あいさつ。「多島美を味わえるコースです。早く歩くことも大切ですが自然や文化をゆったり味わってください」と語った。多島美が味わえるのは下津井半島に入ってからなので25キロを過ぎてからになる。完歩できればいいが、とりあえず昼食場所に指定さえている児島市民交流センターを目指し、余力があれば下津井を目指すことにしてスタートした。

IMG_1861_convert_20170314113209.jpg IMG_1864_convert_20170314113332.jpg
写真①=児島のメインストリートには「ジーンズストリート」の表示があった
写真②=野崎家住宅の中にある茶室

 午前7時のスタートとあって真横から陽ざしを浴びる感覚だ。粒江小学校では立ち止まる人は少ない。10キロコースの分岐となる分岐を左に折れて間もなくの場所に能「藤戸」で有名な藤戸寺があるのだが。塊になって歩く感覚だ。20キロコースとの分岐が熊野神社。今年も地元の郷内婦人会のみなさんが海産物などの販売をしていた。ここは20キロコースの昼食場所で、振る舞いの汁物をどう婦人会が担当しているのだが、まだ9時台なので会場のテントは閑散としている。

 熊野神社の隣が五流尊瀧院。もとは一つの寺だったのが明治の神仏分離で分かれたのであろう。後鳥羽上皇の子で承久の変でこの地に配流された頼仁親王の歌碑もあった。太平記に登場し、著者の小島法師と同一人物との説もある児島高徳の出生地もこのあたりということだった。

IMG_1868_convert_20170314113415.jpg IMG_1870_convert_20170314113453.jpg
写真①=野崎家の台所では70人分の食事を作った。赤い服の人がボランティアガイドさん
写真②=高さ80センチもある享保雛
  
 児島はデニムの産地。江戸時代の組みひもづくりの技術が近代になってジーンズなどのデニム製品に生きたといわれる。目抜き通りの商店街にはジーンズだけで30軒ほどが店を連ねる。頭上には英字で「児島ジーンズストリート」の旗が掲げられていた。

 「ツーデーに参加の方は無料ですからどうぞ」と野崎家住宅の案内係の人が招き入れてくれた。野崎家は江戸時代後期に発祥し塩業で財を成した。母屋は天保年間の建築で縦に9部屋、長さ42メートルある。その横には玄関と客間とを合わせたほぼ同じ長さの棟が幕末の嘉永年間に建てられた。

 倉敷市では市民ぐるみで「倉敷雛めぐり」というイベントが開催中。それにタイアップして、ひな人形が多数飾られていた。圧巻は展示室の「享保雛」。岡山藩主の池田家から野崎家が拝領した。冠までで高さ80センチもある。享保は江戸中期、8代将軍吉宗の時代の年号。制作後300年経ったことになる。

 裏手は食事を作った部屋があった。70人分。氷を入れて冷やす大正時代の冷蔵庫。野崎家の当主は昭和5(1930)年までここに住んだので大正時代の家財道具が多いらしい。「野崎」の文字が入った提灯があった。暴風の際に提灯を振って沖の船に合図して位置を知らせたという。赤い服のボランティアガイドさんが説明してくれた。

IMG_1871_convert_20170314113534.jpg IMG_1879_convert_20170314113614.jpg
写真①=暴風時に沖の船に位置を知らせる合図を送った暴風提灯
写真②=カキを入れたふるまいの汁物は正午過ぎにはなくなった

 ゆっくり見学したので11時半を回ったが、昼食会場の児島市民交流センターは目と鼻の先だ。着くと長蛇の列ができていた。チェックポイントでもあるので証明を受ける列かと思ったが、汁物のふるまいを待っている列だった。チェックを受けてスタート前に注文しておいた弁当を受け取り、汁物は諦めて休憩する。

 コースによって汁物の振る舞い場所が分かれているのもこの大会の特徴だ。児島のセンターには毎年下津井の女性が担当し自宅近くの海でとれたカキとサワラ入りの味噌汁を作る。「もう何年やっているか分かりません」とのことだった。正午過ぎには味噌汁も底をついた。

IMG_1887_convert_20170314113649.jpg IMG_1889_convert_20170314113730.jpg
写真①=往時の栄華を今に伝える「まだかな橋跡」の碑
写真②=下津井港の近くで海産物を売っていた

 漁船が船腹を寄せ合う下津井漁港に橋の欄干と「まだかな橋」の碑があった。不思議な名前が気になりながらも通り過ぎたが、少し歩いた「むかし下津井回船問屋」で謎が解けた。回船の中継交易でにぎわった江戸時代、遊郭の老婆が舟人に「上がるのまだかな」と声をかけたのが語源らしい。下津井には1957(昭和32)年の赤線廃止令まで10軒以上もの遊郭があったというから、相当な人の行き来があったのだろう。

 下津井は現在は漁師町だけに海産物の即売の店があった。女性二人が店番で、年配のほうの方は米寿とのことだった。

 自動車道を歩く。やがて右側にピンク色の下電ホテルを目印に、左側の石段を登る。石段は約280段。35キロ以上歩いてきた後だけに周囲から悲鳴に似た声が上がる。登りきったところの鷲羽山ビジターセンターは最後のチェックポイント。中からは休みながら瀬戸内の風光を楽しむことができる。

 鷲羽山が観光名所となったのは昭和初期。瀬戸内国立公園制定に合わせてのことらしい。徳富蘇峰らもその眺望をほめたたえており、今は亡き下津井電鉄が鷲羽山駅を新設しアクセスの便を確保した。同電鉄の線路跡は風の道という名のウオーキングロードとして整備されている。その道をたどりながらゴールへと向かう。
スポンサーサイト
  1. 2017/03/12(日) 21:21:37|
  2. ウオーキング
  3. | コメント:0

懐かしい風景が息づく山背古道~桜井ウオーキングクラブ2月例会

2017年2月28日(火) 快晴 22キロ
場所 京都府木津川市、綴喜郡井手町、城陽市
コース JR木津駅~泉橋寺~お茶問屋街~山城老人福祉センターやすらぎ苑~JR棚倉駅~蟹満寺~まちづくりセンター椿坂~谷川ホタル公園~中天満神社~鴻巣山運動公園~水度神社~JR城陽駅

陽気に誘われ歴史の道を満喫

 山背古道(やましろこどう)とは、京都と奈良間の山際をゆるやかにうねりながら続いている道だ。1996年、城陽市、井手町、山城町、木津町が、この道をきずなとして街づくりを進めようと山背古道推進協議会を発足させ、城陽市から木津川市まで22キロが整備されている(木津町と山城町は2007年に加茂町を含め合併して木津川市となった)。古墳や社寺が点在し、歴史的にも見どころが多いためウオーカーに人気のあるコースだ。
 
 この日の主催者は奈良県桜井市を本拠とする桜井ウオーキングクラブ。古くからご神体の山として仰ぎ見られてきた三輪山のふもとに位置する桜井市は、大和王権発祥の地として古墳や遺跡が数多く存在し、また山の辺の道の起点でもある。年間計画表を見ると、桜井市周辺を歩く本拠地ウオークと、奈良県外にも足を伸ばす遠征ウオークをほぼ交互に行っているようだ。

IMG_1807_convert_20170302205308.jpg IMG_1812_convert_20170302205426.jpg
写真①=木津川の堤防沿いを行く参加者の列
写真②=泉橋寺の境内には桃の花が満開

 この日の京都市の最高気温は10.2度(平年10.9度)。格別暖かいわけでもなかったが、明るい春の日射しに恵まれた。人気の高いコースとあって集合地のJR木津駅には目測で100人以上が集まった。普段の例会の2倍近いらしい。京都府ウオーキング協会の会員の姿も結構あった。

 木津川に架かる泉大橋を渡ると日本一の石地蔵のある泉橋寺。寺は奈良時代の僧・行基の建立。鎌倉時代の徳治3(1308)年に造られた石の地蔵は、応仁の乱のさなかに地蔵堂もろとも焼かれて200年以上そのままになっていたが、元禄年間(1688~1703)に復元されたという。高さ4.58メートルあり日本一の石地蔵として有名。門の内側の境内では桃の花が満開だった。

IMG_1813_convert_20170302205510.jpg IMG_1817_convert_20170302205551.jpg
写真①=山城のお茶を集めて海外にまで運んだ歴史を記念する山城茶業之碑
写真②=居ごもり神事が行われる涌出宮

 南山城でお茶の栽培が盛んになったのは、木津川市のホームページによると幕末からというからさほど古い話ではない。上狛地区では最盛期に約120件の茶問屋が営まれ,木津川、淀川から神戸港に運ばれ世界各地に輸出されたことから、上狛が「東神戸」と呼ばれるほど賑わいを見せた。現在もこの地区には約40件の茶問屋が軒を連ね、「茶問屋ストリート」とも呼ばれる。2004年には、山城茶業組合創業120周年を記念して、山城茶業之碑が建てられた。

 棚倉駅東側にある涌出宮(和伎神社)には居ごもり神事というのがあるらしい。これに基づいてスタッフの一人がうんちく話を披露してくれた、旧約聖書の出エジプト記によると、モーゼに率いられたユダヤ人が、悪霊除けのために門の両側の柱と横木に羊の血を塗り、居ごもりして難を避けたという。この話が日本にもたらされ、赤い鳥居の由来になった、日本ユダヤ同祖論に基づく説らしいが、スタッフ自ら言っていたように、信憑性には疑問符がつく。

IMG_1818_convert_20170302205703.jpg IMG_1824_convert_20170302205842.jpg
写真①=JR棚倉駅前にあった蟹満寺のレリーフ
写真②=井手町の特産タケノコの加工食品

 棚倉駅前にはカニのレリーフがある。これは近くの蟹満寺に伝わる「蟹の恩返し」という平安時代の説話集「今昔物語」にも登場する話に由来する。蟹満寺に到着すると別のスタッフがその話をしてくれた。娘をもらいに来た蛇を、無数の蟹が切り刻んで退治する筋書きで、寺は蟹と蛇の供養のため建てられたという。寺では毎年4月の第3日曜に蟹供養放生会を催している。

 木津川市域を抜けて井手町に入る。奈良時代の権力者であった左大臣・橘諸兄ゆかりの地で、諸兄を祭神とする橘神社への道標がある。古くから開けた地であったことが分かる。丘陵の中の道を行くと、町が整備した休憩施設「まちづくりセンター椿坂」に到着。ここで昼食タイムをとる。多くの参加者は屋外の階段に腰を下ろして一服。日が射して寒さは感じない。センター内では町の名産のタケノコの加工品や、やはり名産のお茶を販売していた。

IMG_1825_convert_20170302205919.jpg IMG_1834_convert_20170302205952.jpg
写真①=鳥居の前にはたくさんの杖が置かれていた高神社
写真②=青谷梅林の梅はほとんど咲いていなかった

 井手町は南の井手と北の多賀に二分される。高神社は古くから多賀郷に住む人の信仰を集めてきた、地区を代表する神社だ。
鎌倉時代の高神社文書には、社殿改築の時に猿楽が奉納されたとの記載があり、日本で最初の猿楽に関する記録の一つとなっている。 谷川ホタル公園の横に鳥居があり、上り坂が続いていた。 鳥居の前には杖が何本も置いてあることから、本堂へは結構険しい道のりかもしれない。。

 井手町から城陽市域に入るとこの日のメインの青谷梅林。のぼり旗が道の各所に立てられ、ジュースや梅干しなどの梅製品を扱う店もある。だが肝心の梅は早過ぎたのか、申し訳程度にちらほら咲く程度だった。3月10日には同じく奈良県に本拠を置く大和ウオーキング協会が、梅林を中心に例会を予定している。「その時は満開が期待できると思います」と参加していた同協会スタッフが話していた。

 この後はしばらくは自動車道を通る。山手に折れて鴻ノ巣山運動公園に入り最後のトイレ休憩。木製の階段のある山道を一旦下ってから登り返し鴻ノ巣山山頂を経て、今度は一気に下る。水度神社を素通りしてJR城陽駅でゴール。春の陽気に恵まれた気持ちの良い一日だった。   
  1. 2017/03/01(水) 16:50:53|
  2. ウオーキング
  3. | コメント:0

プロフィール

きょうつれづれ

Author:きょうつれづれ
京都駅前つれづれ通信へようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
時事 (2)
ウオーキング (97)
福祉 (1)
歴史 (2)
カフェ・レストラン (4)
書評 (1)
文学 (2)
医療 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。