京都駅前つれづれ通信

ウオーキングを中心に、日々気付いたことを紹介します。ご意見をお聞かせください。

御着城址~黒田官兵衛シリーズ②(神戸ウオーキング協会2月例会)

2月22日(土)12キロ 晴れのち曇り
場所 兵庫県姫路市
コース JR御着駅~御着城址~壇場山古墳~播磨国分寺跡~JR京口駅~寺町~播磨総社~大手前公園~JR姫路駅

主家は滅び、黒田は残った

 神戸ウオーキング協会は2014年春、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」にちなんで、黒田官兵衛が前半生を過ごした姫路市を舞台に3回のシリーズウオークを行う。この日は2回目。官兵衛の主君・小寺政職の居城だった御着城址がコースの中心だ。

 JR山陽本線御着駅近くのグラウンドが集合場所。午前10時が近づくにつれて参加者が集まってくる。出発式ではこの日のリーダーがコースの概略を説明。「御着城址には兵庫県で一番古い石橋があります。元はあそこに架かっていました」とグラウンド横を流れる天川(あまかわ)の白い橋を指し示した。

 歩き出して600mほどで、早くもお目当ての御着城址に着く。御着城は茶臼山城、天川城とも呼ばれ、播磨守護赤松氏の家臣・小寺氏の居城だった。永正16(1519)年に小寺政隆が築城。則職、政職と継承され、天正6(1578)年か7年に羽柴秀吉の播磨侵攻で滅亡したとされる。

 2月16日放送のNHKドラマ軍師官兵衛第7回「決断のとき」では、織田信長の播磨伸張を前に、西の毛利にとどまるか東の織田の勢いに賭けるかで、小寺氏配下の領主が御着城に集い評定を行った。官兵衛(岡田准一)の意見が通り織田につくと決まるが、小寺政職(片岡鶴太郎)は密かに「いざとなればあの男に責任を執らせればいい」と突き放した。滅びを予兆する場面だった。

 発掘調査では、御着城は14世紀後半から16世紀後半まで存続し、16世紀半ばに大・中型の堀や土塁が築かれ本格的な縄張りが行われたことが分かっている。西では毛利氏による中国地方統一の動き、東では織田信長登場に先立つ群雄割拠があり、生き残りに努めた小寺家の苦心がしのばれる。

IMG_5275_convert_20140223091229.jpg IMG_5285_convert_20140223091128.jpg
写真①=御着城址に到着
写真②=黒田官兵衛顕彰碑にカメラを向ける参加者

 本丸跡には姫路市役所東出張所、御着城公園、御国野公民館がある。出張所も城郭風の造りだ。広場の一角には黒田官兵衛顕彰碑があり、参加者が盛んにカメラを向けていた。

 隣接する黒田家墓所には官兵衛の祖父・重隆と生母の明石氏を祭る五輪塔2基が立つ。ちなみに父・職隆の墓所は同じ姫路市内の妻鹿(めが)にある。秀吉の播磨進駐時に、官兵衛が姫路城を秀吉に提供し、自らは父とともに妻鹿の国府山(こうざん)城に移ったためだ。後に子・黒田長政が筑前・福岡の大名となったので、どちらの墓所も「チクゼンサン」と呼ばれるという。

 本丸跡の裏手には兵庫県最古と言われる石橋・天川橋があった。姫路藩が文政11(1828)年に旧西国街道の天川に架けた総竜山石製の太鼓橋。長さ26.6mで幅4.45m。昭和47(1972)年の出水で橋脚が崩れたので撤去。53年10月に現在地に移設保存された。

 コースは大回りして天川橋を渡るのだが、渡らない人もおり「ショートカットしないでください」と協会スタッフから注意を受けていた。

IMG_5283_convert_20140223091449.jpg IMG_5287_convert_20140223091028.jpg
写真①=黒田家墓所。官兵衛の祖父・重隆と生母・明石氏を祭る
写真②=石橋は天川に架かっていたものを移し保存した

 約1キロ歩いて壇場山(だんじょうざん)古墳に着く。全長143m。兵庫県で2番目に大きい前方後円墳という。公園整備など人の手があまり加えられておらず、古墳そのままの雰囲気を味わえるのが特徴。参加者はまばらな雑木林の間を登り、墳丘の上を一回りした。

 播磨国分寺跡はほど近い。天平13(741)年に聖武天皇の詔によって建てられ、七重塔、金堂、講堂など壮大な伽藍があったというが今は更地。所々に中門や南門などの場所を示す表示があった。

 記念撮影を行ったが人数が多いので4回に分かれた。
 
IMG_5297_convert_20140223090929.jpg IMG_5307_convert_20140223090830.jpg
写真①=壇場山古墳の墳丘上を巡る
写真②=播磨国分寺跡で記念撮影

 JR山陽本線の踏切を渡る。「新幹線の踏切がある」とリーダーが話したので注目していたが、新幹線はもちろん高架上を走っていた。ただ上下線とも高架から地表まで線路がつながり、列車一編成が待避できるようになっていた。踏切は待避線を横切っていたので「珍しい新幹線踏切」との触れ込みに偽りはなかった。

 旧西国街道などを通って、JR播但線京口駅で昼食休憩。駅の両側に公園があり、東口は戦災の慰霊碑、西口には昭和末の区画整理事業で消えた壱丁町、鋳物師町、上久長町、下久長町、天神町、西神屋町の六つの旧町名の記念碑があった。京口という駅名と合わせて城下町の雰囲気を色濃く伝えてくれる。

 参加者は277人との発表があった。官兵衛人気からすれば「意外と少ない」という気がした。京都から姫路までJRで片道2210円、大阪からだと1450円。金券ショップを使えばより安く行けるが、それでも馬鹿にならない額ではある。電車代を惜しんだ人もいたのだろう。だが、官兵衛を深く知るには姫路市を避けては通れないというのが、今回参加した筆者の感想だ。

 シリーズ第3回は3月29日(土)の開催で国府山城址を巡る。「先着300人にはバッジを用意します。ぜひ来てください」とスタッフが宣伝に努めていた。翌30日には京都府ウオーキング協会でも軍師官兵衛シリーズ第2回を催す。強行軍の週末になりそうだ。

 生野の鉱山で掘り出した銀を飾磨の港まで運んだ「銀の馬車道」を横断して、寺が建ち並ぶ寺町を通る。戦災で大被害を受けたらしく、京都の寺町に比べて新しい建物が目立った。

IMG_5335_convert_20140222231904.jpg IMG_5337_convert_20140223090607.jpg
写真①=播磨総社で出会った新郎新婦。ウオーカーの祝福を受けていた
写真②=播磨総社に参拝するウオーカー

 姫路城の中堀に出ると、気持ちのいい水辺ウオークが始まる。播磨総社こと射楯兵主神社に着いた。入り口では礼装をしたカップルをカメラマンが撮影している。結婚式直後なのだろう。すれ違うウオーカーからも盛んに「おめでとう」の祝福が寄せられた。境内は鮮やかな朱塗りで華やいだ雰囲気。黒田官兵衛のスタンプラリーのポイントになっている。スタッフか一般参加者か分からないが「どうぞ押していってください」とスタンプを仲間のウオーカーに勧めていた。

 播磨総社に参拝してから姫路城の大手前公園に向かう。ここがゴールだ。姫路城の天守閣は工事中で入れないが観光客の出足に影響はないようだ。駅に続く道沿いの土産物店や飲食店はいずれもにぎわっている。「軍師官兵衛」に関する資料などを展示するNHKドラマ館に向かう矢印があった。時刻はまだ午後1時半過ぎ。「ちょっと寄っていきましょうか」と誘い合って見に行くウオーカーの姿があった。
スポンサーサイト
  1. 2014/02/22(土) 17:33:35|
  2. ウオーキング
  3. | コメント:0

軍師官兵衛シリーズ①「秀吉に天下を取らせた男」(京都府W協会2月例会ファミリーコース)

2014年2月11日(火・建国記念日)11キロ 晴れ
場所 京都府長岡京市、乙訓郡大山崎町
コース JR長岡京駅~勝竜寺城公園~恵解山古墳~淀川河川公園大山崎地区~大山崎町役場~山崎聖天桜の広場~山崎聖天観音寺~旗立松~青木葉谷展望台~宝積寺~JR山崎駅

光秀の籠城策 阻んだ官兵衛

 京都府ウオーキング協会(KWA)では毎年春、3回のシリーズウオークを行う。今年のテーマはNHK大河ドラマにちなんで黒田官兵衛。戦国時代に西播磨の小領主から身を起こし、豊臣秀吉に仕え、軍師として天下統一に貢献。晩年は豊前中津(大分県)の大名となった人物だ。

 官兵衛ゆかりの地は京都には少ないが、そのうちの一つが大山崎。それは本能寺の変のさいの次のエピソードによる。

 天正10(1582)年6月、京都・本能寺に泊まっていた織田信長が、天下布武を目前に家臣の明智光秀に討たれた。この時、備中国(岡山県)で毛利方と対陣していた羽柴(後の豊臣)秀吉に官兵衛は「これで運が向いてきましたな」とささやいたと言われる。秀吉が信長の軛(くびき)から脱して、次の天下人への望みが出てきたという意味だ。

 秀吉は官兵衛の策を容れ、毛利氏と和睦して中国大返しを敢行し山崎の戦で勝利した。その意味で山崎は豊臣秀吉が天下人となる足掛かりを築いた地。古戦場は天王山と桂川に挟まれた平野部だ。

 この日のサブタイトルは「天下統一へ山崎で第一歩」。光秀が合戦に当たり居城とした勝竜寺城公園から、光秀軍が布陣した恵解山古墳付近を通って、秀吉軍のいた大山崎に向かう。最後は天王山中腹から合戦の舞台となった桂川西岸の狭隘な平野部を望む。よく練り上げられたコースだった。

IMG_5140_convert_20140211211355.jpg IMG_5160_convert_20140211211539.jpg
写真①=光秀方の居城があった勝竜寺城公園を通って自由歩行に
写真②=桜の広場ではKWAスタッフが説明

 この日の京都の最高気温は6.1度(平年9.6度)。晴れてはいるが寒い。それでもJR長岡京駅東口広場には続々と参加者が集まってくる。シリーズウオークの初回は2月上旬になるので、毎年「ちょっと早いバレンタインデー」と称して参加者にチョコレートを配る。昨年は1200人近くが集まった。今年はそれには及ばなかったものの711人という破格の数だった。

 勝竜寺城公園まで団体歩行。光秀の娘の玉(ガラシア)と夫の細川忠興の像がある庭園を横切って、恵解山古墳の西側を通る。要所にはKWAスタッフが案内と交通整理をしてくれる。昔は団体歩行だったが参加者増加に伴って近年は自由歩行に切り替えたのでスタッフが立ち番を行う。

 ダイハツの工場を半周して淀川河川公園に着く。昼食好適地の一つだが午前11時前では弁当には早い。寒さのせいで参加者の多くは先を急ぎ、堤防から降りて一休みする人は数人だった。もう少し暖かい日であれば河川敷で気持ちよく過ごせただろうに。

 次は日立マクセル工場横を通る。大山崎町には名神高速道路のインターチェンジがあり交通の便がよく、桂川・宇治川・木津川の三川合流地点に近い河川敷は工場としても活用されている。その西側は住宅街。そこを貫く幹線道路沿いに大山崎町役場がある。KWAスタッフが事前にお願いしてくれていたのだろう。町役場の隣の中央公民館でトイレを借りることができた。

IMG_5171_convert_20140211211713.jpg IMG_5173_convert_20140211211830.jpg
写真①=山崎聖天の本殿は明治になってこの地に移築された
写真②=旗立松の展望台からは古戦場となった桂川沿いを眼下に望める

 大山崎町の最初の見所である山崎聖天こと観音寺は天王山の中腹になる。石の鳥居をくぐって階段を登る。途中にも道が走り公園がある。桜の広場と呼ばれる。ここがKWAお勧めの昼食好適地。11時半に着くと参加者でいっぱい。ベンチや木の柵に腰を下ろして昼食休憩をとっていた。

 KWAスタッフが「11時45分から説明を始めます」と触れて歩く。語り部を務めるこのスタッフは、備中の陣所で織田信長の死を知った秀吉と官兵衛の様子を声色を交え解説してくれた。この後は観光地ごとに大山崎町のボランティアガイドの皆さんが説明に当たってくれた。

 山崎の聖天さんとして親しまれる観音寺は、幕末の蛤御門の変のさいに敗残の勤王派を追ってきた幕府軍によって焼かれた。現在の社殿は明治になってから近くのサントリービール工場付近(長岡京市久貝)あたりの寺から移築したという。勤王派は天王山で自刃。山中に「十七烈士の墓」が残る。リーダーは久留米藩士の真木和泉守。「長州藩士を逃がすためおとりになった」とガイドさんが話してくれた。

 聖天さんからは石の多い急な山道だが、ゆっくり登るとやがて山腹の旗立松に着く。山崎合戦のさい秀吉が士気を高めるため老松の樹上高く千成ひょうたんの旗印を掲げた場所で、10人ほど入れる展望台から淀川、大阪平野、京都盆地が望める。墓と山頂は行かない。ここでUターンだ。

IMG_5177_convert_20140212203400.jpg IMG_5189_convert_20140212203501.jpg
写真①=旗立松では陶板画をもとに合戦の様子を細かく解説してくれた
写真②=中国大返しについて手作りの資料を見せるガイドさん(青木葉谷展望台) 

 ハイキングコースには小説「鬼と人と」で信長と光秀の相克を描いた作家・堺屋太一氏の監修による6カ所の陶板画が、本能寺の変から秀吉の天下取りへの歩みを、氏の史観を基に伝えてくれる。旗立松のボランティアガイドさんは陶板画に描かれた合戦の各場面を竹棒で指し示しながら「光秀軍の兵士は沼沢に足を取られて合戦どころではなかった」「秀吉方に付いた織田家の重臣・丹羽長秀は勝ち戦に顔がほころんでいる」など細かく説明してくれた。

 旗立松からほんの2、3分下ったところに青木葉谷展望台がありベンチが多く休憩にぴったり。ここにもガイドさんがいて中国大返しを描いた陶板画の解説をしてくれた。中国というと中華人民共和国の意味にとられかねないから、最近は備中大返しという言い方が多用されているという。 

 合戦そのものは数に勝る秀吉軍が圧倒。敗れた光秀軍は、いったん勝竜寺城に逃げ込んだ。兵糧の備蓄もあり籠城すれば1~2か月は持ちこたえることは可能だったろうが、秀吉軍は四方を包囲せず北だけは空けておいた。すると城兵は「今のうちに」とてんでに逃げ出し、光秀も夜になって退散せざるを得なかった。これも官兵衛の策ではないかとガイドさんは話してくれた。

 光秀に本拠地である近江(滋賀県)・坂本城への逃げ込みを許し中長期の籠城戦となれば北陸の柴田勝家、関東の滝川一益、浜松からは徳川家康も兵を率いてやってくる。そうなると山崎の勝利で先行した覇権争いも、横一線になってしまう。本能寺の変の黒幕とされる朝廷や公家、前将軍の足利義昭らから調停の横槍が入れば、光秀も生き残る可能性が出てくる。信長の弔い合戦に独力で決着をつけたという意味で、光秀がその夜のうちに山科盆地の小栗栖で土豪に討たれたのは、秀吉にとって望外の幸運だった。

IMG_5192_convert_20140212203559.jpg IMG_5202_convert_20140212203655.jpg
写真①=宝積寺本堂前ではガイドさんを交えて話に花が咲く
写真②=三重塔の前でIVV証明を受け取りウオーク終了

 2013年暮れに秀吉、勝家、長秀らが織田家の跡目について話し合う「清州会議」という映画があった。見ておけば良かったと後悔した。

 宝積寺は奈良時代に行基が開基したと伝わるが、桃山時代建立の三重塔(重要文化財)が有名。秀吉は山崎の戦いの勝利後いったん天王山山頂に城を築くが、大阪に本拠を移すと廃城とした。歴史的には一瞬の輝きだったが、寺のほうは当時の面影を伝えてくれている。

 三重塔の横にKWAスタッフが花道を作り、IVV証明(歩行距離と参加回数を証明する紙片)を渡してくれる。あとは一本道の坂を下ればJR山崎駅と阪急大山崎駅だ。
  1. 2014/02/11(火) 21:05:26|
  2. ウオーキング
  3. | コメント:0

史跡めぐり 大発見向日市~長岡宮発掘60年の軌跡

2014年2月9日(日)晴れ 所要時間2時間
場所 京都府向日市
コース 阪急西向日駅~①長岡宮朝堂院跡(スタート)~②長岡宮史跡築地跡~③東院公園~④内裏内郭築地回廊跡~⑤大極殿小安殿跡~⑥向日市文化資料館~⑦春宮坊跡(ゴール)~阪急東向日駅

桂川の氾濫に潰えた2都構想 

 桓武天皇が延暦3年から13年(西暦784~794年)の10年間だけ都を置き、長い間「幻の都」とされてきた長岡京は、1955(昭和30)年に長岡宮朝堂院南門が発見されたことで存在が知られるようになった。宅地造成などに伴う500回に及ぶ発掘調査でその姿が次第に明らかにされており、公園として整備された大極殿・小安殿跡(大極殿公園)や離宮跡(東院公園)などは市民にも親しまれている。

 今回のスタンプラリーは、乙訓出身の歴史地理学者で教員でもあった故・中山修一氏らによって発掘が始まってから今年(2014年)で60年になるため、向日市教委と向日市埋蔵文化財センターが主催。長岡宮ゆかりの7カ所をスタート、ゴールとチェックポイントに定め、センター職員らが史跡解説も行った。市内外から約300人の参加があり、思い思いのルートで桓武天皇の王宮をたどり悠久の歴史を体感した。

IMG_5104_convert_20140209195104.jpg IMG_2081_convert_20140216141415.jpg
写真①=朝堂院跡の公園で受付。スタートのスタンプをもらう
写真②=公園向かい側にある石碑。長岡宮跡最初の発掘の成果を記念する

 阪急西向日駅から徒歩1分の長岡宮朝堂院跡史跡公園に午前10時前に着くと、同センターの理事長を務める杉原和雄・大阪国際大教授(考古学)のあいさつの途中だった。杉原理事長は「昔は長岡京は教科書に載っていなかったほどですが、近年はどの社も採り上げてくれています」と60年の調査の意義を強調した。

 他にセレモニーらしきものはなく、10時になるとセンター職員の「寒いですからどうぞ出発してください」の声に促されてスタート。自由に回っていいので参加者は南北に分かれた。

 筆者は東約300メートルの場所にある長岡宮史跡築地跡に向かう。高さ1.5㍍、幅3㍍ほどの盛り土が、南北80㍍にわたってつながる。盛り土の上に建っていたとみられる、高さ2メートルほどの白壁に朱色の飾り屋根を取り付けた築地塀は、向日市文化資料館に模型がある。実際に盛り土の上に建てることは遺跡保存上許可が下りなかったという。それでも築地跡は長岡宮の遺構のうち地上に露出している唯一のもので、1981(昭和56)年に東西の市道を造る際に発見され、翌年に史跡公園として整備された。

IMG_5107_convert_20140209195211.jpg IMG_5115_convert_20140209195312.jpg
写真①=南北80メートルにわたって築地跡が続く
写真②=内裏内郭築地回廊跡で説明を受ける

 北東約1キロの東院公園から西に向きを変える。道筋にゴールの春宮坊跡があるが、スタンプがそろっていないのでいったん素通りする。

 内裏内郭築地回廊跡で説明に当たったセンター職員は「皆さんは本当に長岡京から平安京への遷都が怨霊のせいだと思いますか」と参加者に問いかけた。通説では実弟で皇太子の早良親王の怨霊が再遷都の主な動機とされる。早良親王は延暦4年の長岡京造営責任者・藤原種継暗殺事件に連座して淡路島へ流罪にされる途中、食を絶って死亡した。その後、桓武の母・高野新笠、皇后・藤原乙牟漏、夫人・藤原旅子と、かかわりの深い女性3人が相次いで亡くなったことから、親王のたたりと恐れられた。

 職員は「私はそうは思いません」と怨霊説を否定。根拠として平安京の内裏が長岡京と同じ規格で建てられていることを挙げ「たたりが再遷都の動機なら、建築にも怨霊封じの工夫が見られるはずです」と力説した。そして平安京を造営した理由を「古代中国には長安、洛陽の二つの都がありました。桓武天皇は郊祀(こうし=中国皇帝が都の南郊に壇を設けて天帝を祭る儀式)を2回も行うほど中国が大好きでしたから、都も二つ持ちたかったのではないでしょうか」と推察した。

 だが延暦11年6月には水害、8月には雷雨の記述があるように、桂川の氾濫のため長岡京の維持を諦めたらしい。

IMG_5121_convert_20140209195420.jpg IMG_5126_convert_20140209195531.jpg
写真①=「盛り土の上に大極殿がありました」と語る説明員
写真②=ゴールのかしのき公園で春宮坊の説明を聞く

 長岡宮の中心で桓武天皇が政務をとった大極殿・小安殿跡で説明を聞いてから向日市文化資料館に入る。資料館はチェックポイントの中で一つだけ北西に離れているが、狭い市域なのでさほど苦にならない。発掘で得られた目ぼしいものは大部分ここに展示される。長岡宮に使われた瓦が並んでいた。平城京や後期難波宮のほか滋賀県・瀬田川畔にあったとされる聖武天皇の保良宮のものもあった。平城京には遷都に反対する勢力が強く、資材は主に難波宮から運んだとの話を聞いたことがある。

 長岡京は廃都後は水田になった。水につかっていたため木簡が腐らず、原形をとどめたまま出土するという。わずか10年の都だったので、数の上では平城京に及ぶべくもないが…。そんな話を市のボランティアガイドさんがしてくれた。

 再び春宮坊にとって返しゴールする。皇太子は東宮と書くのが普通だが、季節の春は方角の東に対応するため春宮と書く場合もあるとの説明があった。早良親王の死後皇太子に就いた安殿親王が住んだという。

 安殿親王は桓武の死後即位し平城天皇となったが、問題の多い人物で桓武とは父子間でいざこざが絶えなかったと言われる。桓武は自らの住居を西院から東院に移したが、隣に住むことによって皇太子を監視し、圧力をかける意図はなかっただろうか。

 直木賞作家の山本兼一氏が中央公論誌上で藤原葛野麻呂を主人公にした「平安楽土」という小説の連載を開始し、種継暗殺から書き起こしていた。山本氏は2014年2月13日に亡くなった。平安京の始まりをどのように描こうとしていたのだろうか。急逝が残念でならない。
  1. 2014/02/09(日) 19:42:54|
  2. ウオーキング
  3. | コメント:0

プロフィール

きょうつれづれ

Author:きょうつれづれ
京都駅前つれづれ通信へようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
時事 (2)
ウオーキング (97)
福祉 (1)
歴史 (2)
カフェ・レストラン (4)
書評 (1)
文学 (2)
医療 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR