京都駅前つれづれ通信

ウオーキングを中心に、日々気付いたことを紹介します。ご意見をお聞かせください。

加賀百万石ツーデーウオークプロローグ2 前田家の史跡を訪ねる

   徳川を気遣う前田の苦悩

 金沢市は、小京都と呼ばれる自治体が集う「全国京都会議」のメンバーだったが、2009年に退会した。「京は公家文化、金沢は武家文化。似たところはあるが背骨が違う」と、その理由が報じられていた。加賀百万石ツーデーウオークに参加するため訪れた今回、武家文化の一端に触れるのも目的の一つだった。
 
前田利家像 金沢尾崎神社
写真①=兼六園下にある藩祖・前田利家の像
写真②=東照大権現(家康)を祭神の一人とする尾﨑神社

 金沢は前田家百万石の城下町。関ケ原の戦いに先駆けて徳川家康に臣従したため、大身のまま所領を安堵された。天下統一を果たした豊臣秀吉が1598(慶長3)年に死去。「次の天下は前田殿」とうわさされた藩祖利家も後を追う。家康が婚姻などを通じて秀吉恩顧の大名に接近する中で、淀君と豊臣秀頼母子は孤立感を深めていた。そんな情勢下でのことだ。
  
 ありもしない自身への暗殺計画をでっちあげて前田征伐を言い出したのは家康の言いがかりである。だが「申し開きをして誤解を解く」という利長を、母で利家の妻のまつ(芳春院)は「誤解ではなく謀略だ」と叱りつける。そして「そなたには天下を支配する器量はないので、前田家の存続のみを考えよ」と説く。

 芳春院は、家康の要求に応じて、事実上の人質として大阪に出向く。すると豊臣への人質でありながら、家康は自分への人質として江戸へ送る。「話が違う」と怒る弟の利政を、今度は利長が「一度ひざを屈したものが、二度目に牙を剥くことができようか。戦機は既に去った」となだめる(司馬遼太郎「関ヶ原」)。

 事実であればこの頃の話だろう。2003年のNHK大河歴史ドラマ「利家とまつ」で、淀君(配役・瀬戸朝香)が豊臣方に加担させようと芳春院(松嶋奈々子)を呼ぶ。だが、芳春院は「前田は徳川様の家来でありますから」と言って断る。「子々孫々に至るまで」と言ったか、「未来永劫」と言ったか、いずれにしても徳川に臣従して前田を守るという方針を象徴する場面であった。

 家康は自分より強い者に従うのは当然と考えていたふしがある。相手は織田信長であり、秀吉であり、一時期は関東を支配した北条氏政、氏直父子に対しても下手に出ることをいとわなかった。それゆえ関ヶ原以降の淀君、秀頼母子の姿勢には腹に据えかねるものがあっただろう(山本七平「徳川家康」)。だから、前田家の臣従を、同じ価値観をもつものとして、好意を持って受け入れたことは十分考えられる。

天徳院 江戸町跡2
写真①=徳川家から輿入れした珠姫の菩提寺・天徳院
写真②=兼六園と金沢城公園の間にある江戸町跡の立て札 

 関ヶ原の翌年、徳川家では秀忠の二女・珠姫を、前田利長の異母弟で第3代藩主となった利常に輿入れさせる。このときわずか3歳。2010年のNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」では、珠姫の母・江(配役・上野樹里)が夫の秀忠(向井理)に「まだ幼いのにかわいそうだ」と反対する場面があった。だが、珠姫の輿入れは芳春院を人質にとった見返りでもある。かくして江の反対は押し切られる。

珠姫と一緒に加賀に移った従者が住んだという江戸町の跡が見つかっている。金沢城と兼六園の間の一等地。幕府に良い印象を与えようとした前田家の苦心が、ここでもうかがえる。

 珠姫の菩提寺・天徳院が1623(元和8)年、5代藩主・前田綱紀によって創建される。門前には「珠姫の寺」と書かれた大きな石柱があり、珠姫の金沢での知名度の高さを裏付ける。石川県の地元紙・北國新聞社では漫画「おてんば珠姫さま!」を刊行。珠姫を主人公に加賀藩の産業や歴史を学べる内容になっている。珠姫は今でも人々に親しまれているようだ。

 一方、金沢城公園の近くにある尾﨑神社の祭神の一人は東照大権現、つまり家康だ。加賀藩が幕府の許可を得てまつったという。1643(寛永20)年、第4代藩主・前田光髙の建立。葵の御紋が随所に使われ、西の東照宮とも呼ばれるという。

卯辰山三社入り口 豊国町2
写真①=卯辰山にある豊国神社
写真②=旧豊国町を示す石碑があった

 前田家と加賀藩は徳川幕府に対する涙ぐましいまでの気遣いによって、改易も国替えもなく14代の命脈を保ち明治維新を迎える。だが、幕府が消滅した1868(明治元)年、卯辰山に豊国神社ができる。徳川時代には幕府をはばかって、卯辰山山王、または卯辰観音と呼ばれていたところだ。山を下ったあたりには豊国町という町名もできた。この時期の秀吉の復権は何を意味するのだろうか。

 徳川家への忠誠が面従腹背であったことも考えられるが、断定するには研究不足は否めない。ここでは事実の指摘だけにとどめたい。
スポンサーサイト
  1. 2012/05/27(日) 22:47:59|
  2. 歴史
  3. | コメント:0

宇治七名水と七茶園ウオーク(京都府W協会5月例会ファミリーコース)

2012年5月20日(日)14キロ 曇り時々晴れ

コース  JR宇治駅~ユニチカ(泉殿跡)~宇治市役所(琵琶園跡)~奥之山茶園~公文水跡~宇治上神社(桐原水)~宇治公園~興聖寺~志津川~天ヶ瀬吊橋~もみじ谷~宇治橋~JR宇治駅

宇治川の新郎新婦に幸あれ

 宇治市内に伝わる七つの名水と茶園を巡るウオーク。住宅開発に伴い水が涸れてしまったり茶園が宅地化したりしたところが多く、そういう場所は石碑でしのぶしかないのだが、それでもふるさと再発見の機会とあって241人の参加があった。

琵琶園跡 宇治古墳
写真①=宇治市役所前にある琵琶園跡の碑
写真②=菟道稚郎子の墓を通り過ぎる

 京都府ウオーキング協会の女性役員が、湧き水の名称を書いた紙を持って立つ。ユニチカ工場内など入れないところもあるが、宇治市役所前にある琵琶園跡は立派な石碑があり、参加者の目をひきつけていた。宇治川河畔の脇から菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)の墓を通る。

 菟道稚郎子は第15代応神天皇の皇子で、父天皇の寵愛を受けて皇太子に立てられたものの、異母兄の大鷦鷯尊(おおさざきのみこと、後の第16代仁徳天皇)に皇位を譲るべく自殺したという美談で知られる。古事記などの記述によると、父天皇が崩じたが、太子は即位せず、大鷦鷯尊と互いに皇位を譲り合った。そのような中、異母兄の大山守皇子は自らが太子に立てなかったことを恨み、太子を殺そうと挙兵するが、逆に太子の謀略に遭って殺されたという。確か船頭に化けた菟道稚郎子が、大山守皇子を偽って船に乗せ、宇治川に落としたという手口だったように記憶する。

 その後も皇位を譲り合って収拾が付かないので、菟道稚郎子が自殺。やむなく大鷦鷯尊が即位したという。

 歴史的には、古墳時代に大和(大山守皇子)、河内(大鷦鷯尊)、山城(菟道稚郎子)の3勢力が対抗したことを象徴しているという。

宇治上神社 宇治川結婚式
宇治上神社の巫女さん=写真①
披露宴会場の料亭へ船で向かう新郎新婦=写真②

 宇治上神社は桐原水のある場所だが、折からの結婚式で、立ち入りを自粛するはずだった。ところが私は後方にいたため、情報が伝わらず門内に入ると、巫女さんが愛想よく参拝者に応対していたのでカメラに収める。

 昼食地で宇治川の中洲にある宇治公園に向かう。ところが結婚式を挙げていた新郎新婦が披露宴の料亭に向かうのか、船に乗って下ってきた。慌ててカメラを手に岸に降りる。新婦は顔を伏せていたが「顔を上げてもらえますか」と頼むと2人ともカメラに視線を移してくれた。このようなカップルには心から祝福したくなる。病める時も健やかなる時も、幸多かれと祈る。

興聖寺 宇治川を行く
道元禅師ゆかりの興聖寺=写真①
宇治川沿いに帰路をたどる=写真②

 道元禅師ゆかりの興聖寺の門をくぐり、仏徳山に取り付く。「食後の登りはきついなあ」を参加者から悲鳴が漏れる。仏得山を越えて宇治川に出て天ケ瀬の吊り橋を渡る。平等院入口あたりからは茶だんごや宇治の新茶を売る店が連なる。香ばしいにおいがあたりに立ち込める。店の人が勧める試飲や試食に舌鼓を打ちながら、宇治橋でゴールした。
  1. 2012/05/18(金) 17:27:33|
  2. ウオーキング
  3. | コメント:0

びわ湖長浜ツーデーマーチ2日目 湖北の古刹と清流の道40キロコース

2012年5月13日(日)40キロ(実測37.5キロ) 晴れ時々曇り

コース 余呉観光館~ウッディパル余呉~大見いこいの広場~己高閣~鶏足寺~石道寺~下山田会館~小谷城戦国歴史資料館口~虎姫文化ホール~五村別院~リュートプラザ~南浜~豊公園

   信仰と戦国ロマン盛りだくさん

  びわ湖長浜ツーデーマーチの2日目は北コース。最長コースは滋賀県の北端に近い余呉湖まで行って豊公園に戻る片道コースだ。余呉湖は周囲6.4キロの小さな湖で別名「鏡湖」とも呼ばれる。波ひとつない湖面に周囲の山々を映すのでそう呼ばれる。賎ヶ岳によって琵琶湖と隔てられていて、琵琶湖より49メートル水面が高く余呉川を通って琵琶湖に注いでいる。古くから、はかなくも美しい天女の羽衣伝説が伝えられ、水上勉の小説「湖の琴」の舞台にもなっている。

余呉湖 滋賀会長
   導水路から余呉湖に続く=写真①
   あいさつする滋賀県ウオーキング協会の志村会長=写真②

 以前は葛篭尾崎から湖岸伝いに歩くコースがあった。高時川沿いを下る現在のコースは一昨年あたりから始まったように思う。宿泊した長浜から午前7時発敦賀行きに乗る。ウオーキング姿の乗客で、すでに満席になっていた。余呉駅から約1キロ、出発式は湖岸にある余呉観光館前で開かれた。冬季はワカサギ釣りの拠点となる施設だ。滋賀県ウオーキング協会の志村会長があいさつとストレッチ体操の指導を行ってからスタートする。

つり橋 己高
   大見いこいの広場を出たところにつり橋があった=写真①
   己高閣へと向かう与志漏神社の登り口=写真②

 合併で長浜市の一部となった旧余呉町の集落を抜けて、なだらかな坂を登り、右手にウッディプラザを見て下ると高時川と出会う。高時川は支流の姉川を合わせると、流域面積は湖北の大部分を占めている。源流域の福井県境の尾根は日本でも有数の豪雪地域。春には大量の雪どけ水が琵琶湖に沈み込み、湖水の循環を支え水質保全に役立っている。コースはほぼ高時川に沿って下っていく。

己高山 石道寺
   己高閣から望む己高山=写真①
   緑豊かな斜面に石道寺の本堂があった=写真②

 最初の湯茶ポイントはオートキャンプ場のある大見いこいの広場。二つ目が己髙閣だ。己高閣は与志漏神社の境内にある。平安初期の鶏足寺の本尊十一面観音像、法華寺の七仏薬師や薬師如来などを安置。裏手の世代閣には重文5体と県指定仏像など数多くの寺宝を所蔵している。己高閣前の広場では梅干しの接待があった。疲れた体に酸味が心地よい。快晴の空に己高山(標高923メートル)を望むことができた。己高閣からは約3時間の行程だ。石道寺は奈良時代の神亀3(726)年創建の古寺。観音堂に安置する木造十一面観音像は、井上靖が小説『星と祭』で「村の娘の姿を借りたようだ」とその美しさを紹介している。

 ツツジが咲く下山田会館で弁当の引き替え。タケノコの味噌汁の接待があった。京都府ウオーキング協会の仲間が3人同じコースに参加している。スタート時から先に行ったのだが、昼食場所のここでも誰も見なかった。かなり離されたかと思いながら、マイペースを心がける。

 長浜戦国大河ふるさと博ののぼりが林立する。小谷城戦国歴史資料館への曲がり口。遠く城のあった小谷山を望む。小谷城は浅井亮政、久政、長政の3代に渡って居城になった。築城は1524年ごろで、中世3大山城の一つ。浅井家滅亡後は羽柴秀吉に与えられたが、秀吉はより交通の便が良い、湖岸の長浜に城を築いたのでそのまま廃城となった。

 右手に山本山、正面に虎御前山を見ながら歩く。山の位置を確認した土地の人に「豊公園まで歩く」というとびっくりされた。旧虎姫町の町並みが近づいてくる。虎姫文化ホールでお茶と飴の接待を受けると五村別院はすぐだ。安土桃山(あづちももやま)時代に本願寺の教如上人が、五村十念寺跡に質素な聞法道場を建てたのが始まりだが5年後に本堂を建設中、徳川家康の命により京都七条に本願寺(大谷派=東本願寺)を建立し、本山を移したため五村御坊は別院とされた。建立と同時に別院となったために、山号も寺号も持たない。以後、湖北における本願寺念仏の中心道場として栄え、明治32年(1899)には別格別院に定められている。

五村別院 アンカー
   東本願寺を開く前に教如上人が過ごした五村別院=写真①
   ゴール近くの湖岸道路でであった15キロコースアンカー=写真②

教如上人は石山本願寺を率いた父の和睦後も織田信長に抵抗を続けた強硬派。関が原の戦いに際しても家康側に情報提供をはかり石田三成に命を狙われたという。やがて東本願寺を開くが、現在は京都駅前となった地に東本願寺がなければこのブログもない。私にとっては恩人といえる。

 旧虎姫町から旧びわ町へ。かつての町立図書館のあるリュートプラザで休息。田川という小河川に沿って湖岸に向かう。南浜のチェックポイントからゴールまで、湖岸づたいに3.5キロだ。
 
 湖周道路をたどると15キロコースのアンカーと一緒になる。ゴールは午後4時。多くのウオーカーは帰った後で、会場はひっそりとしていた。
  1. 2012/05/10(木) 11:23:41|
  2. ウオーキング
  3. | コメント:0

びわ湖長浜ツーデーマーチ1日目 近江母の郷15キロ

2012年5月12日(土)15キロ(13.2キロ) 曇時々晴れ

コース 豊公園~滋賀文教短期大学~福田寺~長浜ドーム~豊公園

焼き討ち免れた古刹が歓迎 

 午前8時京都駅発の新快速に乗る。駅で一緒になった京都府W協会の仲間は彦根城コース20キロに挑む。彦根駅で見送ると長浜までは一人旅。米原駅近くの工場には摂氏11度の表示がある。道理でひんやりした朝だ。主会場の長浜・豊公園到着は午前9時半。琵琶湖満喫遊覧船20キロコースの出発式でにぎわっていた。

 花壇を中心にした円形広場には特設ステージが設けられ、周囲には朝日新聞社、滋賀県ウオーキング協会をはじめとする主催団体や、スポーツ用品店が軒を連ねている。長浜市高月町に本社を置き、ノルディックウオークのストックを主に販売するサンクフルハートもある。3年前のこの大会の際にストックを買って以来、アフターケアしてもらうのを兼ねてテントを冷やかすのを楽しみにしているのだ。

 私がエントリーしているのは近江母の郷15キロコース。9時45分から出発式があり、藤井勇治長浜市長が「歴史豊かな長浜の町を楽しんでください」とあいさつする。太鼓の響きに送られてスタート。公園を抜けて歩道橋を渡ると左手に酒屋があり、長浜の地酒や地ビールを並べていた。さすがに出発直後にアルコールでもないと、みんな素通りする。

長浜市長 サンクフルハート
   「歴史の町を味わってください」。あいさつする藤井・長浜市長=写真①
   手を振って送り出してくれたサンクフルハートのスタッフ=写真②

湖北の銘酒 文教短大出迎え
   酒屋さんの店頭に地場の銘酒がずらり=写真①
   滋賀文教短期大学ではボランティアの学生が迎えてくれた=写真②

 市街地を抜けて田園風景の中をたどる。曇ってはいるが東に伊吹山が鮮やかだ。滋賀文教短期大学に着くと門前では学生2人が笑顔で出迎えてくれ、構内では別の学生が愛想よくお茶と飴の接待にあたってくれた。聞けば学内でツーデーマーチ参加者のためのボランティア募集があり、応募枠の10人に飛び入りも加わり、十数人で温かく迎えてくれているという。

文教短大出店 福田寺
   笑顔で接待してくれた滋賀文教短大のボランティア=写真①
   蓮如上人の時代に遡るのか。古色蒼然とした福田寺の本堂=写真②

 福田寺の本堂は朽ちかけており、建ってからかなりの年月がたっているように見えた。浄土真宗の寺院として元亀・天正の法難(織田信長との抗争)の際には住職が門徒を結集して抵抗に努めた。幸い焼き討ちは免れ、本堂は蓮如上人の時代(15世紀後半)からあるのではないかと地元の人が話してくれた。

 出発しようと思ったところ、集落内の水路横に後鳥羽上皇の爪を納めたという石碑が立っていた。上皇とどんなゆかりがあるのか、聞こうと思ったが、福田寺のことを教えてくれた人は家に入ってしまって聞けなかった。石碑らしい石は三つあってどれが件の石碑かも確かめられなかった。

 田園と民家と小さいビルしかない中で、多目的研修施設の長浜ドームは偉容を誇る。ここが15キロコースの昼食予定地。予約しておいた弁当を引き換える。事前に弁当券を買っておくと当該のコースの予定地まで持ってきてくれるのがありがたい。おにぎり3個におかずが付いて500円。まずまずの内容だ。風が強い中で昼食を済ませ、湖岸を一路、豊公園のゴールに向かう。

 三成君 となりのトトロより散歩
   開催中の長浜戦国大河ふるさと博スタッフと公式キャラクターの「三成くん」=写真①
   長浜シニアアンサンブル「銀の会」=写真②

 ゴールの豊公園ではステージ演奏が行われていた。出演していたのは長浜シニアアンサンブル「銀の会」。もう10回以上出演しているという。市内各地で分散開催している「長浜戦国大河ふるさと博」の公式キャラクター「三成くん」も同博覧会のスタッフと一緒に登場し、多くのウオーカーから記念撮影を求められていた。
  1. 2012/05/10(木) 11:22:40|
  2. ウオーキング
  3. | コメント:0

プロフィール

きょうつれづれ

Author:きょうつれづれ
京都駅前つれづれ通信へようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
時事 (2)
ウオーキング (97)
福祉 (1)
歴史 (2)
カフェ・レストラン (4)
書評 (1)
文学 (2)
医療 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR